ホームページをリニューアルしました

2017.11.24. 企業情報

News Release

株式会社マルイマ
2017年11月23日

~海外、IT事業を通じ建設業界に新しい風を吹き込む~
湘南から世界に通用する建設会社を目指して、11月WEBサイトをリニューアル

 

株式会社マルイマ(本社:神奈川県横須賀市、代表取締役:今井豊和)は11月、事業内容拡大に伴いWEBサイトをリニューアルしました。多くのお客様に情報を発信し、国内事業に加えて海外事業、IT事業を強化することで、湘南から世界に通用する建設会社を目指します。

 

 

湘南から全国、世界に通用する建設会社へ

 

弊社は2001年に創業し2004年に法人化。横須賀・逗子・鎌倉の湘南エリアや東京23区内を中心に、不動産の有効利用を考え、一戸建てや収益用の住宅の新築、既存住宅のリノベーション、リフォームなどを行なってきました。

注文住宅だけでなくIoTを取り入れたスマートホステル、シェアハウス、機能性アパートなど幅広いジャンルでの実績もあります。どれもオリジナリティーあるデザインや工夫を凝らした建物ばかりです。プロジェクトごとに異なる周囲の環境や目的を正確に把握して、最善の方法で具現化する技術とパワーを培ってきました。

2014年より、国内でのノウハウを活用して海外事業を開始しました。現在もモンゴル、ラオスなどの新興国を中心に事業を拡大中です。
現地では建築物ならびに建設工事に関する技術提供を行なっています。VR(バーチャルリアリティー=仮想現実)技術を利用した施工管理システムを取り入れて、納期厳守の管理体制によって確かな信頼をいただくと同時に、高い利益率を保っています。また現地企業とのパートナーシップを築くことで、複雑な建設事業のスムーズな運用を実現し、プロジェクト成功へと導いてゆきます。

 

関わる全ての人を幸せに。IT化でさらなる広がりを目指す

 

弊社はCSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)活動を通じて、当該国を支援しています。例えばモンゴルでは国営孤児院の改修工事、モンゴルパラリンピック委員会のオフィシャルパートナーを通じて、事業対象国へ還元しています。その国で得られた収益を還元することが弊社のモットーです。

将来的には国内外の不動産ポータルサイトの構築、IoTやAI、VRなど最先端技術の導入を進める考えです。価値の高い建築物の創造や、リアルで精度の高い情報を発信することで、消費者が安心して物件を購入・依頼できる環境づくりに努めていきます。

これらのことを通して、日本の建設業界に新しい風を吹き込み、業界全体を活性化させる一助となりたいと考えています。

 

一覧へ戻る